おまとめローンの情報

おまとめローンで実際にはまとめることができない借入

クレジットカードを使っている時に、かなり金額が多くなってしまい、このままでは返済することが難しいと思っているなら、おまとめローンを利用する方法があります。一見するといい方法のように思われますが、

 

クレカのショッピング枠の支払いを金利の低いおまとめローンでまとめれないものかなぁ・・・


実際には使える方法と使えない方法、更に例外的に使えないものに分かれていますので色々と判断して利用していく事になります。

消費者金融でおまとめできないケースとは?

消費者金融が取扱うおまとめローンの場合、キャッシング枠については普通に纏めることができます。キャッシング枠の場合は、他社の消費者金融のキャッシングと同様で貸付による借金であるので、おまとめローンで利用する事に何ら問題はありません。

 

消費者金融のおまとめローンの貸付にはクレカのショッピング枠の支払いを纏めるという概念がないのよ!


一方でクレジットカードのショッピング枠については貸付による借金ではない為に消費者金融では例外とされ対応していないのです。多くの方はショッピングでクレカを利用しているのでそのショッピング枠をまとめることで返済が楽にしたいと考えるのは当然です。

 

おまとめローン以外のカードローンならどうなのかなぁ・・・


しかし、消費者金融で対応しているおまとめローンがない事からショッピング枠を纏めるには、年収の1/3の範囲で通常カードローンを利用してキャッシングしたお金でショッピング枠の返済を一括払いしていく方法に限られるのです。

 

そうね。年収の1/3の範囲で借りたお金を充てる方法はあるけど金利が下回っていないと意味がないわね。


おまとめローンとして利用できる銀行のカードローンの場合はどう?

もう1つの方法が、銀行のカードローンを利用しておまとめローンをする方法です。銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外である為、高額融資が求められる借り換えやおまとめ目的で利用する事も可能な為、クレジットカードの借金を纏めることができます。

この場合は銀行の通常のカードローンを利用する為、使用目的が限られていないのでクレカのショッピング枠を纏めて支払う事も可能となるのです。借り換えという形で通常のカードローンを利用するわけですから、

 

年収の1/3の範囲に縛られずに利用できる銀行のカードローンのほうがクレカのショッピング枠のおまとめに適しているわね。


クレジットカードのショッピング枠の一括払いの変更や支払いは自分で行う必要があります。

クレジットカードの支払いでショッピング枠を纏めたいと思っているのなら基本的には銀行のカードローンを利用する形になります。なので、おまとめできないケースとしてはクレジットカードのショッピング枠を消費者金融のおまとめローンを利用する場合です。

-おまとめローンの情報

Copyright© アイフルのおまとめローンと在籍確認の方法 , 2020 All Rights Reserved.