地味で時間の掛かる特定調停

色々な方法で借金の減額ができる中、一番地味だと言われており、さらに時間がかかりやすいとされているのが特定調停です。調停というのは、裁判所にいって行う方法をさすことであり、その名の通り裁判所で調停を行って、借金の減額をしてもらう方法です。

具体的にはどういう債務の整理をする事になるんだろう?

金利について、最初に持っている数字が本来のものではない場合、本来の数字に戻した上で借金の再計算を行って、最終的にどれくらいの金額となるのかを判断します。

減額することにより3年で返済することを目的とするんのよ。

裁判所の調停に基づいて行い、返済計画の通りに進める方法となります。この特定調停は簡易裁判所を利用しなければならないので、当然ですが裁判所への申立てが必要です。

減額という点では任意整理と同じような債務整理ではないのか・・・

裁判所を通さないまま行うのが、任意整理になりますので

特定調停は裁判所を利用した任意整理だと考えればいいのよ。

特定調停で気をつけるべき点とは?

特定調停はあくまでも債権者が協力的である事が前提であり協力的でない場合は成立しないケースが多い点も理解しておくべきです。尚且つ、裁判所に申立てをするということは、手続きが複雑である為に専門家に依頼しなければ成立する可能性も低くなります。

こうしたことに詳しい専門家に依頼することは必要なことで自分1人では答弁できないことでも弁護士の場合なら代理で答弁してくれたり、交渉してくれるメリットがあるからです。

任意整理とほとんどメリットが同じなら裁判所を通す分、手間とお金がかかりそうな気がするんだけど・・・

特定調停のメリットは、任意整理と同様に減額できるという点と債権者ごとに申立てが可能なので特定調停する債権者を選ぶ事ができる点です。しかし、特定調停は専門家に依頼する場合にはお金がかかること、成立までに時間がかかる可能性が高いこと、

どの債務整理にもデメリットはつきものだけどが特定調停よりも任意整理で債務整理する人が多い現状から慎重に検討する債務整理といえるわね!

更には任意整理と同様に減額できる幅が小さいなどのデメリットもふくんでいます。