自宅を守る為の債務整理が個人再生

個人再生は、裁判所に申し立てをして確実に負債を一定以上減らす債務整理の一種です。金額帯にもよりますが、おおよそ借金総額が1/5まで減額されます。しかし、個人再生ができるかどうかは裁判所の判断次第なので、

1/5減額されるんだったら任意整理よりいいかも?

確実に債務者が個人再生ができるわけではありません。判断基準としては、客観的に支払いができないと判断された場合に認められます。自己破産とは違い、ギャンブルや浪費の買い物で作った借金であっても認められますが、最終判断は裁判所になります。

条件があるから誰だって申し立てれる訳ではないんだよ!

また手続きは債務整理の中でも一番複雑なため、まず間違いなく弁護士や司法書士に相談しなければ個人再生は不可能です。また借金総額は5,000万円までという上限があるので、この上限を超えている場合は自己破産を選択することになります。

個人再生のメリット・デメリット

メリットは借金の大幅な減額と、持ち家を売らずに返済ができる事です。但し、状況によってはこの借金が大幅に減額されるというのは、あまりメリットにはなりません。元々個人再生は、支払えない借金として認められなければ減額されません。

だけど、200万の借金だと40万円になるんじゃないのか・・・

つまりどう考えても払えない借金総額を、どうにか支払える程度の金額にまで減らすという事です。また基本的に3年か5年で完済する計画を立てるので、個人再生成立後も生活が楽にはならず、むしろギリギリの生活をする事になります。

実際に1/5というのは借金が500万円以上あった場合の話だよ。200万円の借金では100万円以下の弁済額にはならないから完済するまでは楽にはならないよ。

デメリットとしては信用情報機関に債務整理の履歴が追加され、5年から10年の間ローンが組めなくなります。

個人再生と自己破産の判断は難しい

しかしそれ以上に厳しいのは、やはり個人再生後の生活です。一応専門家と相談の上個人再生を選択するので、成立した以上は期間内に借金が完済できると判断されたという事になりますが、その道のりは決して楽ではありません。

成立後でも住宅ローンとの返済はきついかもなぁ・・・

メリットとして住宅を持ったまま手続きができると言いましたが、どちらかというと住宅が手放せなかったために自己破産できなかったという場合もあるのです。そして信用的なペナルティは、あまり自己破産と変わりません。

住宅ローンも圧迫している状況での個人再生なら自己破産を検討すべきだよ!

大手消費者金融、銀行系カードローンにクレジットカードの利用はかなり厳しくなるでしょう。中堅消費者金融で少額の融資が受けられる可能性があるくらいです。

持ち家を守るか売るかは悩み事ではありますが、個人再生は冷静に考えることをお勧めします。その後の生活という意味では、家を売って自己破産し借家に引っ越した方が楽なのが現実です。