本来の金利に下げて返済出来る任意整理

高い金利に悩まされている方にとって何とかして返済の道筋を作りたいと思っている方もいるはずです。そこで利用したいのが任意整理で、この方法は本来の金利を用いて引き直し計算をすることにより、

利息分の減額や過払い分の元本への充当などの交渉をする方法です。

任意整理は利息制限法の上限金利を超えるような高金利のキャッシングを利用しているケースでは高い確率で減額が可能です。

過払い金の請求に最適な方法

キャッシングの金利は本来、利息制限法で定める上限金利の範囲内で融資することが義務付けられているのでオーバーして融資をしているようなケースでは、その分だけ差し引くことが出来るのです。

借金の経緯などは関係あるのかなぁ・・・

これにより元本に充当する事で利息が減り、利息制限法で定める上限金利の範囲内の金利で返済を行うので返済が軽減されます。この方法は、自分が任意で行う方法であり、しかも債権者側との直接交渉によって決められます。

債権者との話し合いだから借金の経緯を問題にされる事は殆どないよ!

従って裁判所を経由する必要は一切なく、任意整理のために裁判所で手続きをする必要もありません。債務者と債権者の間で交渉を進める為、基本的に借金の経緯はそれほど重要ではありません。

債権者側と交渉して、金利によって発生した分だけ減らしてくださいという交渉をするだけなので、あまり経緯について触れることは無く、返済をスムーズに進める為の交渉をしている訳ですから、そこまで重視されることはないのです。

任意整理でも専門家に依頼するのがベター

司法書士を経由するのが一番いい方法で、これによって取立てのストップをかけることも可能なので精神的にも楽になります。同様の方法で手続きをすれば、自分で実行することも一応可能です。

交渉が決裂した場合はどうすればいんだ?

任意整理のメリットは自身で実行する事も可能で減額により円滑に返済ができるようになることです。また、過払い金が発生している場合には、それを減らしてから返済を行えるようになる為、確実な減額が期待できます。

最近は訴訟に発展する可能性も高いので最初から専門家に依頼しておくほうが賢明だよ!

しかし、一方では減額できる幅が他の方法に比べて小さ過ぎる事や返済の年数は設定しなければならないので、長すぎるとトータルの返済額が増える可能性が大きいので生活を圧迫する可能性を含んでいます。